2016/02/140 Shares

自己紹介~豊田~

玉川大学で太鼓の演奏を観る機会が何度かあり、自分でもやってみたいと思うようになりました。 音楽経験も、運動経験も全くなかったので、ついていけるか心配でしたが、 「来年の目標は太鼓!」と周りに宣言した手前、引くに引けず挑戦することになりました。

今では、思い切ってやってみて良かったと思ってます。 毎週日曜日の楽しいこと。 太鼓の音を出すのが楽しいですし、汗をかくのも心地いいです。

田中会長と山本副会長の指導方法がまた勉強になります。 厳しい面もあるのですが、なんだか希望は消えないのです。 「大丈夫ですよ」と言われてついその気になり8キロを走りきったときなど、新しい伸びしろの発見に嬉しくなりました。 案の定、膝を痛め、医者に「急に無謀ですよ」と言われたものの、「スポーツで怪我するなんて新鮮!」と、未知の境地にただ喜んでいました。

私は、普段は数学の教員をしているのですが、ここにくれば一人の学生です。 「自分もこうやって数学を教えるといいかも」などと、いつも思っています。

一緒に学んでくれる学生が教室にいるから、数学を学び続けられています。 学生がいなかったら、たぶん、ここまで続けられていなかったでしょう。

太鼓の学校では一学生として、先生やメンバーにそう言ってもらえる存在となれるよう、心から太鼓を楽しみたいです。

(2012年6月)